2015年09月24日

だんだん元気になってくよ。。。

シルバーウィークも過ぎて・・・
良いお天気晴れ晴れが続きました。

テンテンはお家家の中!!
な!わけもなく、すこぶる回復力!!

抜糸後、動きはもとのテンテンの80%は取り戻してます。
え、いいの??って、感じ。

最近の口癖は、人間なら信じられないね・・・って。

ワンちゃんの回復力にはビックリさせられっぱなしです。

ただ、食欲は低下したまま・・・・と、言うか顔(チラッ)テンテンの食欲って、こんなもんだったかも??
ステロイドによる食欲増進が嘘だったんだよね。
テンテンさえ、元気ならば決定黒ハート黒ハート

DSCN5393.JPG

DSCN5388.JPG

DSCN5392.JPG
ベランダ監視員も復活exclamation×2です。

でも、週末からはそのステロイド・免疫抑制剤が開始です。
がんばっていこう、ボチボチと・・・ね。

ニックネーム テンテンママ at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜糸までのテンテン**

手術前から、それもテンテンが発熱して原因究明にCTを撮りに、大学受診したあたりから、今後手術は絶対回避できるものではなかったため、肉芽腫について、頻尿について、膀胱癒着についてなどなど、PCを前にしては情報の収集・・・

頭の中では、何とか手術しなくても良い方法はないか???
と考えたりもした。

そんな中、手術をするならば、何とかテンテンに苦痛を少なく・・・なんて!!
相反する気持ちのゆらぎー(長音記号1)ー(長音記号1)

こんな繰り返し・・・顔(え〜ん)顔(メロメロ)顔(なに〜)

いろんな準備もしたよ。
まずは手術後の安楽。。。

エリザベスカラーなんて、ちゃんとしてらんねぇ・・・
ならば。。。

創部の保護にと、手術後服をポチッとしまくった。
しかし、ドンドンステロイドの副作用で、小デブ化していく。

えぇ〜〜〜〜〜顔(汗)

DSCN5377.JPG
これも、どうにか着れるけどピチピチ犬(泣)

DSCN5382.JPG
これは、オシッコはオムツにするタイプ犬(怒)
はいてみたけど、おしっこの許容が少ない・・結論。

で、判明したのがお兄ちゃんのちょいと肩がはげてた、Tシャツをアレンジした、手術後衣・・・・顔(ペロッ)手(チョキ)

DSCN5386.JPG

DSCN5384.JPG
一番ヒットしました犬(笑)

お腹は全体にかくれて、なめる範囲も隠れて、テンテンの付け入る所なし。
何となく、兄さんに守られてる感があって、一番スヤスヤ寝てました。

難点!お散歩には不向き・・兄さんによると、ビンボッたれ!だって。

DSCN5371.JPG
お外へは、ワンサイズ大きい術後服を購入したものを・・・

これは、オシッコ・ウンチフン決定
なんだけど、股ぐりが大きく知らぬうちに、絆創膏ペロペロ顔(なに〜)うま〜〜〜く、はがして、傷が丸出し顔(え〜ん)

でも、何の障害もなく抜糸に至りました。
(絆創膏かぶれがひどく、かわいそうなくらい赤く皮膚が荒れちゃいました)


ニックネーム テンテンママ at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

テンテン 大手術!!

テンテン犬(笑)今日、抜糸を終えて、手術一連のスケジュールは終了しました。。。

テンテンの生命力に改めて、愛おしさ倍増です。

色々あったこの10日間!!

テンテンは手術前の病名通り、縫合糸肉芽腫でした。
避妊手術での絹糸が腹壁をけずり、肉芽腫を形成、膀胱への癒着がひどく、今回の手術では根源は除去できず、今後も免疫抑制剤を服薬しながら、保存療法の持続です。
いろんな選択肢の中から、先生の判断でテンテンに対し、一番負担のかからないことを選んでの今回の結果です。
3時間に及ぶ手術で、膀胱への癒着部分をどう手術するか、先生を悩まし、テンテンもかなりの負担がかかりました。
長い時間、手術が終わるのを待ち、台風接近による雨、どんより曇る風景、夕方になり、クリニックにともる光・・・・
終わりました・・・お話を:::

取り切れませんでしたバッド(下向き矢印)
の、トーンをおとす先生の声!!

術後のテンテンの姿は見る自信もなく、明日迎えにくるね・・・と。

涙が止まりませんでしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

今回、手術をしてくれた担当医には感謝の意。

避妊手術をした元獣医には・・と言うか、何も深く考えず、依頼してしまった自分にすごく憤り・・・・どうして、テンテンがこんな苦しい思いしなくちゃいけないのか!!!!と。

その晩は、口惜しさと、憤りで涙が止まらなかった。
テンテンをひとり置いてきた不安もざわつき、いままでに味わったことのない落胆感バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

翌日、夕方にお迎えを・・・と、先生の指示。
待ち遠しくて、待ち遠しくて・・・・・

やっと、テンテンに会える。
でも、ぐったりしたテンテンを抱きかかえるのか??と、不安にかられお迎えに。

え〜〜〜〜〜〜〜顔(なに〜)犬(笑)

元気にクリニックの奥から、リードにひかれ看護師さんより先に先に・・と、まったく元気印のテンテン犬(笑)るんるんるんるん

もう、不安も憤りも悲しみも吹っ飛びました。

テンテンと今後もいままで以上に楽しい時間過ごそうね・・って。

ずっーーーーーーーっと、抱きしめて、がんばったねがんばったねって、帰ってきました。

でも、自宅に帰ると、テンテンベッドに入り、安心したように・・・

おやすみなさい眠い(睡眠)
DSCN5367.JPG

DSCN5370.JPG
寝てしまいました。

大きな絆創膏が痛々しく、おなか一面に・・・・顔(え〜ん)
ニックネーム テンテンママ at 16:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする